Jun
2016
20

用途の広いキャビネットを通販で購入しましょう

家の中にある家具には、椅子や机などの作業をするためのものと、ものを収納するためのものに大きく分けられます。どんなに持ち物が少ない人でも、家の作り付けを含めれば、収納家具は何かしら持っています。多くの種類がある収納家具にキャビネットがあります。これは扉がついた棚、引き出しの家具などを含めた収納家具の呼び名です。リビングキャビネットやキッチンキャビネットなどと、使用する場所や用途に合わせた名前がつきます。

通販でも非常にさまざまなタイプのキャビネットが販売されています。ニーズが多いのは、どんな用途でも使いやすい引き出しと扉が複数ついていて、カウンターくらいの高さのものです。キッチンでは作業台や配膳台として、レンジを置く場所としてなど、幅広く使えます。引き出しには細かい道具やカトラリー、扉には食器や食品のストックを使いやすく収納できます。同じ物がリビングでは文房具や書類、救急箱などの収納として使いやすくなります。

収納家具は、大抵想定される使い方や場所が決まっていて、それ以外の使い方をすると弊害が起こる場合がある点に注意が必要です。例えば、キッチン用の収納家具を洗面所で使ったところ、湿気がひどくてカビだらけになってしまったという例は幾つもあります。指定された場所で使うことを前提にして、素材や作りが決まっているので、場所を変えて使うことは用途外になり、家具が傷んだり収納したものが駄目になっても仕方ないことになります。

そのため、家の中のどの場所でも使える素材や作りの収納家具を一つ持っていると、引っ越したりしても応用が利きやすくなります。スチールやステンレス、錫などの金属、プラスチックなどの素材が代表的です。これらも、表面に傷がついたり手入れを怠ると、防水ではなくなってしまうので、丁寧に使うことが鉄則です。ときどき全てのものを出して、汚れを拭きとって、湿気を逃がすように日に当てるなどのお手入れをすることで長持ちします。