image-8745931251.png

ビジネスとERP

新たな事業経営の資源管理にERPが注目されています

ERPとはエンタープライズリソースプランニングと呼ばれる企業の基幹業務ソフトウェアの名称で、90年代後半から多くの企業で利用されるようになっているパッケージソフトウェアです。1から作るのではなくテンプレートを利用して常に新しいものに更新していくことから、短期間に非常にレベルが高く使いやすいソフトして多くの企業が利用するようになっているのです。最近では中堅以下の企業もERPを利用するようになっており、その裾野は広がりつつあります。

image

ERPが秀逸なのは、あらゆる企業内の業務プロセスをすべて統合して見ていくことができることで、企業における、人、物、金といった部分を総合的に管理することができるのがもっとも大きな特徴となっているのです。企業内であらたな事業を始めるといったときには、金だけではなく、誰が責任をもって従事するのかがきわめて大切になります。こうしたことを考えるために必要なデータを提供してくれるのがこのソフトウェアの役割なのです。

最近では顧客管理プロセスもすべてこうした基幹系の統合パッケージソフトウェアが担ってくれるようになっていますので、企業行動すべての中で効率的な資源管理を行うためには欠く事のできない存在になっているといえます。最近話題のビッグデータの活用ということでもERPは企業内の莫大なデータを蓄積、保有することになりますので、確実な戦略構築を実現するためには必要不可欠なソフトウェアとなっているのです。

ERPは企業に中長期戦略を構築する上でも非常に重要な役割を果たすソフトウェアパッケージとなりつつあります。

過去の正確なデータに基づく事業計画は、それに関わる人や物、企業内の経営資源をいかに効率的に利用するかが大きなポイントになりますが、こうした点で大きく役立つのがこのソフトウェアパッケージなのです。最近では大手のみならず中堅企業もこのソフトウェアを利用して事業戦略の構築に役立てるようになってきているのです。

image-8745931252.jpg
image-8745931253.jpg